美容の大敵・ストレス

皆さん、ストレスは溜まっていませんか?

ライフイベントにおいてやってくる大きなストレスでは

離婚や誰かとの死別・失業など、精神的負担が大きいものがある一方で、

日常に起こっているものの自覚が出にくいストレスもたくさんあります。

 

例えば

・仕事のストレス

・同僚や友人、親戚間の人間関係によるストレス

・配偶者から受けるストレス

・進学など、子育ての悩みからくるストレス

・お金のストレス

など…

どのようなストレスも感じない人は

おそらくいらっしゃらないかと思います。

今日はストレスとお顔の関係のお話をさせてください。

 

まず、お客様にお話させていただいているのが

「顔や頭の骨が大きくなることはありません」

 

加重や圧によって歪んでしまう特性はあるものの、

骨自体は成長期、病的な変形、破壊された時に修復する

以外で大きくなることは基本的にありえません。

 

骨自体のサイズは変わらないのを踏まえて、

ストレスでお顔が大きくなることがあります。

 

俗に「ストレスホルモン」と呼ばれる

コルチゾールというホルモンが

ストレスがかかると分泌を増大させます。

 

コルチゾールホルモンが増えると

水分の循環・排泄がスムーズにに行われなくなり、

体内に水分が滞りやすくなります。

 

ストレスホルモンと呼ばれるだけあって

悪い印象を受けますが、

ストレスがかかった時に心身を守る役目がある反面、

多過ぎるとむくみや肌荒れなどを引き起こします。

 

その他、ストレスはターンオーバーの正常化を妨げてしまう要因にもなります。

※ターンオーバーとはお肌の新陳代謝。

古い角質が垢となって剥がれ落ち、新しいお肌に生まれ変わる、一定の周期です。

 

【ストレス=ブスのもと】というのは、

単に表情が暗くなっているからという訳ではなく、

ストレスが実際に身体に大きな悪影響をもたらしてしまうから。

 

適度なストレスは人生にもお肌にもハリをもたらせます。

過度なストレスで血の巡りを悪くしてしまうことがないようにしていきたいですね。

関連記事

  1. 歯ぎしりで睡眠ブスになりそうです

  2. まずは、お顔が大きくなってしまう原因を知ること!

  3. 沖縄の美容格差をなくしたい!

  4. 人の容姿は20代までは親の責任・30代からは自分の責任

  5. 一流の男性に選ばれる愛され女子の秘訣‼︎

  6. 見た目年齢をリセット!3ヶ月顔型リボーンプラン