気圧変化に負けないカラダづくりを

今週末、沖縄にはまた台風がくるようです。

 

低気圧が浮腫みの原因になる事はお客様にも度々ご説明しておりますが、それは血管が膨張して神経の流れを滞らせてしまうから。

 

浮腫み以外にも頭痛や睡眠不足、身体のダルさといった【気象病】とも呼ばれる体調不良も誰でもなり得る可能性があります。


人間の下半身には7割の血液が集まっているため、ふくらはぎの血行を改善する事で全身の巡りも良くなります。
浮腫みを感じやすい時には是非お試しください。

 

そして日頃から代謝を意識した、余分な水分を溜め込まない浮腫みにくい身体づくりを。

 

台風がきたり気圧が低い日にテンションが下がるよりも、気圧変化に負けない美ボディを手に入れましょう。

 

お食事も大切に。

浮腫みやすい塩分の多い食べ物は控えて、デトックス効果の高いカリウムの摂取を心がけてください。

 

カリウムはバナナや豆・海藻類、そしてこの時期に美味しいきのこ類に多く含まれているので旬の食材を取り入れて浮腫み対策も楽しんでみてください。

関連記事

  1. 高濃度酸素オイルMIREYの使用感。乾いている暇はない!

  2. よくわからないビフォーアフターや客を装った友人知人にお願いし…

  3. コルギで目指すマイナス5歳

  4. 小顔はカワイイの特別出場枠

  5. 私たち人類が小顔でなければならない理由

  6. お手入れが効く身体を若いうちから育てる